« ドキュメンタリー作品「八十五年ぶりの帰還」が完成しました | トップページ | 今後のアイヌ政策について思うこと/ジェフ ゲーマン »

2017年12月11日 (月)

出前講座(札幌、2018年2月16日)のご案内


奪われたアイヌ遺骨
その研究の過去と現在
東京大学・札幌医科大学のケース
奪われたアイヌ遺骨
その研究の過去と現在
東京大学・札幌医科大学のケース

とき 2018年2月16日(金)18:00-20:30

ところ 札幌市教育文化会館 講堂(4階)
札幌市中央区北1西13  電話011-271-5821

入場料 無料(資料を500円で頒布します)

主催 北大開示文書研究会コタンの会


プログラム

植木哲也さん(苫小牧駒澤大学教授)
「小金井良精の北海道旅行―東大のアイヌ遺骨」

殿平善彦さん(北大開示文書研究会共同代表)
「 私たちが札医大に問い質したいこと 」

木村二三夫さん(平取アイヌ遺骨を考える会共同代表)
「札医大と初めて話して感じたこと、言いたいこと」

討論・交流会


北大開示文書研究会は、活動の一環として、広くこの問題についてお伝えするべく、各地で「出前講座」を開いております。開催を希望されるかたはお気軽にご相談ください。

« ドキュメンタリー作品「八十五年ぶりの帰還」が完成しました | トップページ | 今後のアイヌ政策について思うこと/ジェフ ゲーマン »

アイヌ・先住民族・遺骨返還」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/66146577

この記事へのトラックバック一覧です: 出前講座(札幌、2018年2月16日)のご案内:

« ドキュメンタリー作品「八十五年ぶりの帰還」が完成しました | トップページ | 今後のアイヌ政策について思うこと/ジェフ ゲーマン »