« 「アイヌ人骨研究利用に関する札幌医科大学への質問書」に対する同大学の回答書 | トップページ

2017年8月 7日 (月)

大学からの返還遺骨を慰霊するイチャㇽパ/浦幌アイヌ協会

浦幌アイヌ協会は、きたる2017年8月19日~20日、北海道大学から祖先の遺骨の返還を受け、故郷の墓地に再埋葬し、カムイノミ(カムイへの祈りの儀式)とイチャルパ(慰霊の儀式)を執りおこないます。

くわしくはこちら(プレスリリースあり)

浦幌アイヌ協会イチャルパにご参列ください

日時 2017年8月20日(日曜日)

10:00 カムイノミ(カムイへの祈り)とイチャルパ(祖先を慰霊する儀式)

11:40 帯広カムイトウウポポ保存会による舞踊

  • カムイノミは関係者のみで執りおこないます。一般の方は参列できません。
  • 路上駐車はできません。飲酒運転は絶対にしないでください。
  • 食事のご用意はありません。
  • 会場では主催者スタッフの指示に従ってください。厳粛な儀式の平安を乱すような 行為の方には退場をお願いする場合があります。

会場 浦幌町浜厚内生活館

   浦幌町字チプネオコッペ1-22 電話015-578-2235

協力 コタンの会(代表/清水裕二)、北大開示文書研究会(共同代表/清水裕二、殿平善彦)、アイヌ遺骨返還訴訟弁護団(弁護団長/市川守弘)


ご支援をお願いします

地元から持ち去られたアイヌの遺骨の尊厳ある帰還を実現するために、みなさまのご支援を求めています。ご支援金は、返還骨を迎えるカムイノミやイチャルパの費用に使わせていただきます。ぜひご協力ください。当日会場でも受け付けます。

  • ゆうちょ銀行振替口座 口座名:浦幌アイヌ協会
    口座番号:02750-3-71188
  • ゆうちょ銀行振替口座 口座名:コタンの会
    口座番号:02730-2-102357

北海道大学から浦幌アイヌ協会に返還される遺骨について

北海道大学の「アイヌ納骨堂」には、浦幌町内から持ち出された、少なくとも76人分の遺骨が留め置かれています。大半は、1934年(昭和9年)10月下旬、同(帝国)大学医学部解剖学第二講座の児玉作左衛門教授らが町内愛牛(あいうし)地区のアイヌ墓地から持ち去っていったものです。浦幌アイヌ協会による返還請求訴訟が今年3月22日、札幌地裁で和解に達し、被告・北海道大学がこれらの遺骨を当協会に返還することになりました。初回返還分として今回、63人分と人数不明の遺骨、合わせて82箱の返還を受け、再埋葬します。

« 「アイヌ人骨研究利用に関する札幌医科大学への質問書」に対する同大学の回答書 | トップページ

アイヌ・先住民族・遺骨返還」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/65632087

この記事へのトラックバック一覧です: 大学からの返還遺骨を慰霊するイチャㇽパ/浦幌アイヌ協会:

« 「アイヌ人骨研究利用に関する札幌医科大学への質問書」に対する同大学の回答書 | トップページ