« 学習会 先人たちの遺骨を故郷の地 平取へ | トップページ | 2017年3月22日遺骨返還請求訴訟・浦幌事件和解記者会見 »

2017年3月 4日 (土)

植木哲也『新版 学問の暴力 アイヌ墓地はなぜあばかれたか』(春風社)刊行

待望のリニュアル! 

植木哲也『新版 学問の暴力 アイヌ墓地はなぜあばかれたか』(春風社)が刊行されました。

新版 学問の暴力 アイヌ墓地はなぜあばかれたか知はいつ、なぜ暴力と化すのか──

江戸末期、犯罪として裁かれたアイヌ墓地発掘は明治以降、「学術調査」の名の下に公認され、アイヌ民族の抵抗は無視され続けた。

小金井良精、児玉作左衛門など代表的アイヌ学者たちの動きを追い、学問に内在する「暴力の意志」を浮き彫りにする!

2008年の旧版に2016年までの経緯を補記(本書帯文)


『新版 学問の暴力 アイヌ墓地はなぜあばかれたか』
植木哲也著 初版 2017年2月25日
春風社 定価2400円+税

« 学習会 先人たちの遺骨を故郷の地 平取へ | トップページ | 2017年3月22日遺骨返還請求訴訟・浦幌事件和解記者会見 »

アイヌ・先住民族・遺骨返還」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/64968411

この記事へのトラックバック一覧です: 植木哲也『新版 学問の暴力 アイヌ墓地はなぜあばかれたか』(春風社)刊行:

« 学習会 先人たちの遺骨を故郷の地 平取へ | トップページ | 2017年3月22日遺骨返還請求訴訟・浦幌事件和解記者会見 »