« アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない2 小川隆吉さん | トップページ | アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない4 市川守弘さん(弁護士) »

2016年10月31日 (月)

アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない3 畠山敏さん

Img_0007

アイヌ遺骨返還請求訴訟原告団の記者会見から

2016年10月21日、札幌弁護士会館

●記者

報道によると、アイヌ政策を進めるための新しい法律を模索する動きがあります。みなさんは、遺骨返還要求運動を通じて、先住権の回復・復興を訴えていらっしゃいますが、政府や北海道アイヌ協会の新しい法律のアイディアには、先住権への言及がないようです。新しい法律を作るならこうしたことを求めたい、ということがあればお聞かせ下さい。

●畠山敏さん

私は紋別市のことにとどまるんですが、そのことでちょっとみなさんに聞いてもらいたいなと思うことは、私のいま住んでいるところ、私の生まれ育ったところは、もともとアイヌコタンで、17〜18軒の集落でした。港がいまみたいには整備されていない時代は、海がしけると、玄関前まで波が走って──波が走るって言葉、分かりますかねえ。波がざーっとくるんです。12月になるとどうしても地盤がしばれるもんだから、水が走りやすい。アスファルトとおんなじ状態です。それで、それが2年3年たって、危険だからということで、ちょっと高台へ、さっきから言っている320霊体、平成元年と9年の2回に分けて320霊体、遺骨発掘したんです。そのすぐ隣接したところをね、市で造成しまして、そこへ移転しなさいということで。

亡くなったおふくろの話では、移転先は、そこも墓地だっただろうと。なぜかというと、昔の土器というか……三平皿って分かるかなあ? 器があるんです。カジカの味噌汁とかタラ鍋とか、そういうちょっとお椀とは違ってね、そういう瀬戸物が、小高いところを整地した時に。おふくろが花を植えるっていって、(花壇を作ろうとしたら)一回一回瀬戸物を拾わなかったら花も植えられなくて、2年くらいかかってやっとね、瀬戸物を集めた。そこに親父が、私が20歳のころだから55〜56年くらいまえのことですが、うちを建てたんです。その時はね、市でね、ようするに無償でうちの親父サ、使わしていたというのか、使っていたというのか。

私の代になって、10年くらい前に同じ場所に建築物を建てることになった時、(市が)私と今度契約を結んでくれと。だけど、うちらの親父の時は地代金も契約も何もなくて家を建てていたのに、私の代になったら……。私はアイヌのことは50歳くらいまでは……。アイヌがアイヌのことイヤだったほうなんです。なぜかっちゅうのは話が長くなるからそのへんにしといてね(笑)、建築物を建てるには市で建築許可を出すために、地主を契約しなかったらダメですよって。私もまだアイヌのことに疎かったもんで、契約をしちゃったんですよね。

だけどどうも、その地代金を払うのに抵抗があって、請求がきたときに近くの法律家の先生にきてもらって、市と、いきさつから含めて調査中です。いままでの経過、50数年前からの経過を教えてくれないか、と。これからどういう回答が出るが分かりませんがね、そういう遺骨が出たところが全部、(いつのまにか)市有地になっちゃっているんです。だけど、うちらの親父から聞いていたのは、ここはアイヌの墓地だと。市役所の文書をみたら「元紋別墓地」としかなってないんです。アイヌという言葉が抜けちゃってるんですよね。

こういうことがね、紋別市だけでなく、ほうぼうで北海道じゅう、そういうことがあるんじゃないかなと思うんです。町の土地に組み入れられたり、市の土地に組み入れられたりね、そういうことが多々あるんじゃないかなという気がするんですよね。

私がたの先祖が寝ていた土地くらいはね、明治のはじめ、あちこちのアイヌを和人の都合の良いところサ追いやってね、アイヌはもちろん土地も持てない、その経過が今日まで来ているということなんです。どうも私とね、明治の初めの先祖とが結びついてくるというか……。無理におれ、つなぎ合わせているのか分からないんですがね(笑)、そういう気持ちが強いんですよね。これは紋別だけの問題じゃないと思うんです。いたるところであると思うんです。

こういうことが今ね、旭川の先生がどういう方法でやってくれるか分からんけれど、市とね、こういう墓地の土地のことで争いが起きてくれればなという思いでいるんです。そうすれば、せめて道民くらいはね、そういうことを分かってもらったほうが、今後のアイヌのため、何か第一歩につながるのかな、という気はします。これは私流の考え方ですが……以上です。

« アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない2 小川隆吉さん | トップページ | アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない4 市川守弘さん(弁護士) »

アイヌ・先住民族・遺骨返還」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/64425206

この記事へのトラックバック一覧です: アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない3 畠山敏さん:

« アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない2 小川隆吉さん | トップページ | アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない4 市川守弘さん(弁護士) »