« ウィルキンソン教授講演録から(3) | トップページ | アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない1 差間正樹さん »

2016年8月25日 (木)

ウィルキンソン教授講演録から(4)

Charls_wilkinson

「先住民にサケを獲る権利はあるか?/コロラド大学ロースクール教授チャールズ・ウィルキンソン講演会」(2016年7月30日)の講演録を公開しました。抜粋してお知らせします。


全文はこちらから

歴史的不正義を道義的に埋め合わせる、という場合、私はアイヌ民族には3つの領域があると思います。

第一は漁業権です。ボルト判決は、資源の50%を自由にする権利がインディアンにあるとしました。アイヌの場合にも50%がよいのかどうかは分かりませんが、米国や他の国々では漁業資源や水資源をめぐる権利についてすでに裁判所で審理がなされ、判決も出ています。

第二は土地の返還です。いまそこに住んでいる和人たちをいきなり追い出すことはできないでしょうが、国有林ならアイヌの手に戻すことは可能です。先週、2カ所のコタンをお訪ねしました。「昔は向こうの稜線からここまでが領土だった」と教えられ、地形からも境界線がはっきり分かりました。仮にそこが私有化されて植林地になっているとしても、土地を買い戻す資金を政府が拠出すれば、所有者も売却に応じるのではないでしょうか。

第三は教育です。アイヌの若者たちの多くが教育面での差別に苦しんできました。歴史的な立ち後れを取り戻すために、特別なアイヌ教育が必要だと思われます。不正義の歴史を踏まえたうえで、アイヌの子どもたちや若者たちが十分な学業を積み上げられるようにするのです。アイヌ教育に特化した委員会の設立や、先ほど述べたアメリカのトライバル・カレッジ(大学)と同様、アイヌのための大学建設も視野に入ってくるでしょう。

最後に、日本政府と北海道庁に申し上げたい。かつてアイヌに対してあってはならないようなひどいことをしてしまったことをどうか認めて欲しいと思います。そしてこれからは、素晴らしい文化と美しい子どもたちを育むアイヌの発展に尽くしてくださるよう望みます。

« ウィルキンソン教授講演録から(3) | トップページ | アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない1 差間正樹さん »

アイヌ・先住民族・遺骨返還」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/64108223

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルキンソン教授講演録から(4):

« ウィルキンソン教授講演録から(3) | トップページ | アイヌのための新しい法律に先住権は欠かせない1 差間正樹さん »