« アイヌ遺骨返還請求訴訟和解決定後の原告団記者会見(5)葛野次雄さん | トップページ | 「アイヌの遺骨はコタンの土へ」もくじ »

2016年4月 1日 (金)

北大開示文書研究会編著「アイヌの遺骨はコタンの土へ」

1604n_2

北大開示文書研究会はこのたび、「アイヌの遺骨はコタンの土へ―北大に対する遺骨返還請求と先住権」(緑風出版)を出版しました。ぜひご購読ください。

緑風出版の特設サイト

袖文から

19世紀後半から1970年代まで、北海道大学を中心に全国の大学の教授らが、北海道やサハリン、千島列島など各地のアイヌ・コタンの墓地を曝いて、大量の人骨と副葬品を研究室に持ち去った。明治政府が新しく支配したばかりの事実上の「植民地」の先住民は、死者であれ生者であれ、単なる研究対象でしかなかった。

しかし奪われた側のアイヌは、むろんそうではない。頭蓋骨計測研究のブームが去り、残されたアイヌ人骨や副葬品は学内の奥深く仕舞い込まれ、あるいは散逸し、忘れ去られた。しかしそうされた側は、忘れたくても忘れられない。たとえ百数十年が経とうとも……。

本書は、今も大量の遺骨を保管する北大を相手に返還訴訟を起こしたアイヌたちの闘いを通して、先住権を無視したまま日本政府が進める「名ばかりのアイヌ政策」を告発する。

« アイヌ遺骨返還請求訴訟和解決定後の原告団記者会見(5)葛野次雄さん | トップページ | 「アイヌの遺骨はコタンの土へ」もくじ »

アイヌ・先住民族・遺骨返還」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/63423965

この記事へのトラックバック一覧です: 北大開示文書研究会編著「アイヌの遺骨はコタンの土へ」:

« アイヌ遺骨返還請求訴訟和解決定後の原告団記者会見(5)葛野次雄さん | トップページ | 「アイヌの遺骨はコタンの土へ」もくじ »