« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

Return the Ainu remains to Ainu Kotans

Return the Ainu remains to Ainu Kotans
For research purposes, 1636 persons and 515 boxes of Ainu ancestral remains have been stocked at Universities in Japan. Who should inherit the exhumed remains of the Ainu? Researchers? The bereaved family? If your ancestor's remains were taken away, what would you do?

アイヌ遺骨返還政策にアイヌの意見を反映させてください

要望
アイヌ遺骨返還政策にアイヌの意見を反映させてください

内閣官房アイヌ政策推進室長
池田 潤 様
2014年11月25日

北大開示文書研究会

共同代表 清水裕二/殿平善彦
事務局長 三浦忠雄
http://hmjk.world.coocan.jp/index.html

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

 わたしたち「北大開示文書研究会」は、小川隆吉エカシと一緒に、かつて北海道大学などの医学研究者たちが「研究のため」と主張して各地で行なったアイヌ墓地「発掘」の詳細を明らかにしようと活動している市民グループです。いつもこの問題にご関心をお寄せいただき、まことにありがとうございます。

 貴職は、さる2014年10月3日づけの公益社団法人北海道アイヌ協会あて依頼文書で、(1)同協会の「アイヌ遺骨の研究等に関する公式見解」の11月末日までの提出を求められました。また(2)「民族共生の象徴となる空間」に関する意見交換会の開催を同協会に依頼されました。

 しかし、同協会以外のアイヌ団体・個人にはこのような依頼を発しておられません。とりわけ(1)について、遺骨をどう取り扱うべきか広く国民の意見を求めるべきテーマであるにもかかわらず、北海道知事所管のいち法人にのみ見解を求め、あたかもアイヌ全体の「公式見解」かのように扱おうとする貴職のお考えは、平等性を欠いています。

 文科省報告にあるように、全国の大学が保管するアイヌ人骨ならびに副葬品の大半は、研究者らによるアイヌ墓地発掘によって収集されたものです。現在、何人ものアイヌが裁判に訴えてまで、これら遺骨や副葬品の一刻も早い地元コタンへの返還を求めていることはご承知の通りです。政府が積極的に「見解」を求めるべきはむしろ、誠意ない大学当局によって現に苦しめられ、救済を求めているこうした人びとではないでしょうか。

 また、(2)によって「地域等の意見」聴取を図ろうとされる「アイヌ遺骨に関する政府の取組」とは、今年6月13日の閣議決定を指すと拝察しますが、今後、「地域等の意見」によって決定を見直す余地はおありでしょうか。それなしの聴取は対等性を欠き、アイヌをはじめ国民の失望を招くばかりでしょう。

 重ねて、公益社団法人北海道アイヌ協会ならびに傘下の各地方アイヌ協会は任意団体であり、いずれもアイヌを代表もしくは代議する機関ではないことをご確認ください。

 貴職のアイヌ遺骨返還政策に、アイヌの意見を十分に反映させるよう求めます。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »