« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年2月

2013年2月11日 (月)

遺骨返還訴訟傍聴記(1)

藤野知明(北大文書研究会、ドキュメンタリー作家)

2回、遺骨返還訴訟を傍聴し、メモをとりながら思ったことがある。

日頃、不信心な自分でもお盆や法事で位牌に手を合わせると、自然と亡くなった人のことを思い出す。「こんなことを言ってたなぁ」「なんであんなことしたのかなぁ」と、まるで昨日のことのように懐かしい気持ちになる。

Img_2564しかし同時に、あの人はもういないし、自分もいつか死ぬという現実に立ち返り、「自分が頑張りますので、見守っていて下さい」とか、「大丈夫ですからおやすみ下さい」と語りかけ、自らを鼓舞する。

つまり墓参りを通して亡くなった人々と対話し、心の安らぎを得ながら、限りある時間の中で、また明日から頑張ろうと気持ちを新たにするわけだ。きっと多くの人が、似たような体験をしていると思う。

不思議なことに、亡くなった人との対話は居間の椅子に腰かけていても、電車の中でも、どこでもできそうだが、なぜか位牌や墓の前に立たないとそんな気持ちには、なかなかなれない。亡くなった人の存在が身近に感じられないからだろう。

だから思う。親族、友人の遺骨を奪われた人々はどんな思いで慰霊をしているのだろう?「自分が頑張りますので、見守っていて下さい」とか、「大丈夫ですからおやすみ下さい」と心の底から語りかけられるだろうか?

奪われたのは遺骨だけではない。亡くなった人たちとの対話の機会を失い、今日よりもよりよい明日を築こうとする力、未来を拓く力を得る機会もいっしょに奪われたのではないだろうか?

北海道大学の関係者で、この件の判断に関わる方々に申し上げたい。同じことが自分の身に起きたらどうするか、目をつぶり、心の声に耳を澄ませて下さい。

もし私が同じ状況になったら、必ず取り返します。他人には「骨」でも、親族、知人にとっては、いまも話ができる「人間」なのだから。そう思わない人がいますか?

「こんなこと、裁判をする前から明らかなんだけど…」メモをとりながらため息をついた。

ついでにもう一言。

北海道大学の関係者で、この件に関わっていない方々にも申し上げたい。皆さんが集う北大がおこなった判断は適切だと思いますか?もしおかしいと思ったなら、それを表現して下さい。

2013年2月 9日 (土)

市川守弘弁護士による意見陳述要旨

北海道大学に対するアイヌ遺骨返還請求訴訟の第2回口頭弁論が2月8日、札幌地方裁判所で開かれました。

原告代理人の市川守弘弁護士による意見陳述要旨の全文を、下記サイトでご覧いただけます。

http://hmjk.world.coocan.jp/trial/trial.html

次回第3回口頭弁論は、2013年4月19日(金曜)午前11時30分から、札幌地方裁判所で開かれます。

2013年2月 3日 (日)

アイヌ遺骨返還請求訴訟次回口頭弁論は2月8日

アイヌ遺骨返還請求訴訟の次回公判は、今週金曜、2月8日午後2時から、札幌地裁で開かれる予定です。詳しくはこちらをご覧ください。
同じホームページでは、アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.01 創刊号2013年1月25日(pdf、744KB)を公開中です。ご活用ください。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »