« アイヌ政策推進会議への要請文 | トップページ | 国会、政府、裁判所への要請文 »

2012年9月15日 (土)

シンポジウム決議文

北大開示文書研究会は9月14日、シンポジウムを開催し、約100人の参加者全員で下記の決議文を採択しました。


集会決議

わたしたちはアイヌ人骨及び副葬品の発掘と「研究」、および、その後の遺骨と副葬品の取り扱いに関する歴史と現状についての真相を明らかにし、問題の解決を実現するために、日本政府と北海道大学に対し、以下のことを強く要望するものです。

国立大学法人北海道大学総長
佐伯 浩 様    

要  請  文

1.北大開示文書研究会がこれまで貴大学に、アイヌ人骨問題に関して回答を求めた要請文に対して、直ちに誠実な回答を文書で行うよう強く要請します。

2.北海道大学医学部の故児玉作左衛門教授をはじめとした研究者は、1934年より全道、樺太、千島のアイヌ墓地から人骨および副葬品を大々的に発掘しましたが、その経緯の真相および、副葬品の所在は今も不明のままです。北海道大学は、自らの責任において過去と現在のすべてを調査し、その結果を遺族およびアイヌ民族に説明し、反省と謝罪とともに遺骨奉還と副葬品返還のための積極的な手立てをとって下さい。特に、この度、訴訟を起こした遺族に対し、誠意をもって臨まれることを強く求めます。

3.大学所蔵のアイヌ遺骨に対する砂の洗浄と遺骨整理作業がDNA調査を伴って行われていると聞きました。そこでまず、遺骨のDNA調査を行っているのか、もしDNA調査を行っている場合には、その目的は何かを明らかにしてください。そもそも私たちは遺骨はすべて、一旦アイヌ民族に奉還され、静謐な安置と追悼を中心に据えるべきで、研究材料としての扱うことは許されないと考えています。貴大学が仮に正当な目的をもってDNA調査を行っているとしても、この目的を逸脱して研究データとして使うことは断じて認めることはできません。

2012年9月14日 

北大開示文書研究会     
共同代表 清水裕二 殿平善彦
シンポジウム「さまよえる遺骨たち Part2」
アイヌのお骨はアイヌのもとへ〜遺骨返還訴訟と「象徴空間」計画 参加者一同

« アイヌ政策推進会議への要請文 | トップページ | 国会、政府、裁判所への要請文 »

アイヌ・先住民族・遺骨返還」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/55662510

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム決議文:

« アイヌ政策推進会議への要請文 | トップページ | 国会、政府、裁判所への要請文 »