« 日本政府への要請文 | トップページ | 「私が北大に文書開示請求した理由」小川隆吉(アイヌ長老会議) »

2011年6月11日 (土)

北海道大学への要請文

国立大学法人北海道大学総長  
佐伯 浩 様

要  請  文

1.北海道大学は、北大開示文書研究会が大学に回答を求めた要請文に、直ちに誠実な回答を文書で行うよう強く要請します。

2.北海道大学医学部の故児玉作左衛門教授をはじめとした研究者は、1934年より全道、樺太、千島のアイヌ墓地から人骨および副葬品を大々的に発掘しましたが、その歴史的経緯の真相および、副葬品の所在は今も不明のままです。北海道大学は、自らの責任において過去と現在のすべてを調査し、その結果をアイヌ民族に説明し、反省と謝罪とともに遺骨奉還と副葬品返還のための積極的な手立てをとって下さい。

3.大学所蔵のアイヌ遺骨の砂の洗浄と遺骨整理作業が行われようとしていると聞きましたが、そのような行為は遺骨収集の証拠を失わせ、返還の場合の根拠を隠滅することになりかねません。遺骨は可能な限り奉還および静謐な安置と追悼を中心に据えるべきで、研究材料としての扱いを進めるべきではありません。即刻、中止を求めます。


2011年6月10日

北大開示文書研究会 共同代表 清水裕二 殿平善彦
シンポジウムさまよえる遺骨たち〜アイヌ墓地“発掘”の現在〜 参加者一同

« 日本政府への要請文 | トップページ | 「私が北大に文書開示請求した理由」小川隆吉(アイヌ長老会議) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/51911565

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道大学への要請文:

« 日本政府への要請文 | トップページ | 「私が北大に文書開示請求した理由」小川隆吉(アイヌ長老会議) »