« シンポジウム「さまよえる遺骨たち アイヌ墓地“発掘”の現在」を開催します | トップページ | いよいよ明日開催。シンポ「さまよえる遺骨たち」 »

2011年5月24日 (火)

シンポジウム「さまよえる遺骨たち」プレスリリースを出しました

シンポジウム「さまよえる遺骨たち」

開催趣旨

 北海道(日本の近代)には、かねてより「アイヌ墓地発掘問題」が存在することを御存知でありましょう。明治時代より戦後に至るまで、北海道はもとより、樺太、千島においても、人骨の発掘と収集が行なわれてきました。その多くは北海道大学医学部人類学研究室のイニシャチブで行なわれました。1000 体余りの御遺骨は、長く北大医学部に保存されてきましたが、アイヌやアイヌ協会などの抗議や要請があって、北大構内に「アイヌ納骨堂」が建立され、収蔵されております。毎年、イチャルパ(慰霊祭)も行なわれておりますが、発掘をめぐる歴史的経緯やその真相が明らかにされたとは言えない状況にあります。遺骨の今後をどうするのかも問題があると言わねばなりません。

 また、発掘に伴い多くの副葬品が出土したはずですが、その多くの行方が分からなくなっているようです。小川隆吉さんは北海道大学に「アイヌ人骨」問題に関わる文書の開示を求め、交渉を続けてきました。それなりの文書が開示され、それを読む研究会が行なわれております。研究会は人骨問題をめぐる歴史的経緯と真相をさらに公開するよう北大と交渉してきましたが、事態は進展しているとはいえません。「アイヌ墓地発掘問題」と副葬品問題の今日の状況をみなさまにお伝えし、共にお考えいただきたく、集いを計画いたしました。

プレスリリースをダウンロード pressrelease.pdf (810.9K)

« シンポジウム「さまよえる遺骨たち アイヌ墓地“発掘”の現在」を開催します | トップページ | いよいよ明日開催。シンポ「さまよえる遺骨たち」 »

アイヌ・先住民族・遺骨返還」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574743/51755841

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「さまよえる遺骨たち」プレスリリースを出しました:

« シンポジウム「さまよえる遺骨たち アイヌ墓地“発掘”の現在」を開催します | トップページ | いよいよ明日開催。シンポ「さまよえる遺骨たち」 »